短期集中治療のメリット・デメリット

メリット

  • 静脈内鎮静法は全身麻酔とは異なり、うたた寝をしているような状態で不安や緊張が取れ、とてもリラックスして治療を受けることができる方法です。
  • 治療時間が短く感じられます。
  • 緊張が和らぐため、血圧や心拍数も安定します。
  • 治療中の嘔吐反射も抑えることか可能になります。

デメリット(リスク)

  • 術前、術後の行動に制限がある。(例:禁飲食、自動車の運転など)
  • 点滴の確保が必要になる。
  • 既住歴や体調により適応できないことがある。
  • アレルギーなどの合併症を引き起こす事がある。
  • 術中の記憶が曖昧になる。またはほとんどない。
  • 全身麻酔に準じた管理が必要。(循環監視モニターや気道確保の準備など)

▲焼津・藤枝の歯医者、丸山歯科医院のページの先頭へ
ホームページ制作 静岡