なぜ歯周病になるのか

焼津・藤枝の歯医者>診療科目>予防歯科>なぜ歯周病になるのか

歯周病とは?

歯周病は、プラークの中の歯周病細菌によって引き起こされる、細菌感染症です。歯周病は、放置すると、歯ぐきが赤く腫れて、出血や膿が出て、さらに進行すると、歯がグラグラしたり、痛くて上手く噛めなかったりします。そのまま放置しておくと、歯が抜け落ちてしまいます。

なぜ歯周病になるの?

歯周病の原因はプラーク中の歯周病細菌です。ですからプラークコントロール、つまりプラークを確実に取り除くことが最も大切です。その方法としてブラッシングがあります。「私は毎日ちゃんとブラッシングをしているのに・・なぜ?」と思われる方が多いと思います。成人の80%以上が歯周病ということですが、その方々全員がブラッシングをしていないとは考えられません。それではほとんどの方がブラッシングをしているのになぜ歯周病にかかってしまうのでしょうか。その最大の理由は、きちんと磨いているつもりでもきちんと磨けていないのが実状だからです。「磨いている」「磨けている」とは全く別のことになります。「磨いていても磨けていなければ意味がない」ということです。

歯科医師・歯科衛生士と相談しながらご自分に合ったブラッシングの方法を見つけ出し、それを続けていくことが大切です。そうすれば、自然にちゃんと磨けることにつながっていくわけです。

また歯周病の進行は歯石やプラークの存在の他に、噛み合わせ、全身疾患も大きく関わっていますので、ご相談下さい。


▲焼津・藤枝の歯医者、丸山歯科医院のページの先頭へ
ホームページ制作 静岡