バイオフィルムとは?

画像
虫歯や歯周病の原因バイオフィルムなんです。日常で見かけるバイオフィルムは、台所や風呂の排水のネバネバした物です。お口の中におけるバイオフィルムは、歯の表面にたまるデンタルプラーク(歯垢)のことです。簡単に言うとしっかりと付着してはがれにくい細菌の塊です。プラークがネバネバした膜の事。取り残されている古いこの膜には細菌がうじゃうじゃとひそんでいます。

画像
歯の表面はペリクルという薄い膜で被われています。ここに細菌がくっつくと、細菌が粘着性ポリマーを排泄しバイオフィルムと結合し徐々に大きなスライムを形成していきます。

画像
このバイオフィルムの細菌が出す毒素により歯周病や虫歯が進行していきます。虫歯や歯周病を防ぐ1番の手段は、バイオフィルムの破壊と除去です。

画像
しかし歯ブラシだけでは完全に除去することはできません。抗生剤もこのフィルムの中には浸透でず、やっつけられないやっかいなもの。この膜の中の菌が悪さして虫歯・歯周病になりやすくしてしまうのです。

画像
このバイオフィルムを取り除くのが、歯科医院で行っているPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)です。若い時からPMTCを定期的に受けることにより、生涯自分の歯で噛むことができます。
>>PMTCについて

画像
治療終了後もバイオフィルム感染症から守る為に、日々のプラークコントロールと定期的なPMTCを行って歯を長持ちさせましょう。


▲焼津・藤枝の歯医者、丸山歯科医院のページの先頭へ
ホームページ制作 静岡