咬み合わせのお話

焼津・藤枝の歯医者>診療科目>咬み合わせ>咬み合わせのお話

歯を失う原因として、虫歯、歯周病は一般的によく知られているものです。 歯を失う原因にはこの2つ以外に、もう一つとても大きな割合を占めるものがあります。 咬み合わせの問題です。

歯がしみる、グラグラする、噛むと痛む、顎が痛む、
歯並びが昔と変わってきた、口の中に骨の出っ張りが出来てきた、
更には肩こりや頭痛などの症状も、
原因は実は咬み合わせにあるということが珍しくありません。


本来あるべき正しいかみ合わせが出来ない状態になると、自分の咬む力が、本来あるべきではない悪い影響を、歯だけでなくそれを支える骨や関節にまで、及ぼすようになります。最も大きな問題は、咬む力によって自分の歯が割れてしまう事が多くあることです。

咬み合わせが崩れてしまうのには様々な原因があります。 それらの原因によりそれぞれの必要な対処は異なってきます。 原因をよく調べ、正しく治療することで、自分の咬む力による悪い影響をなくしていく必要があります。 咬む力によって引き起こされる種々の不調は、自分では原因が何なのか気づきにくいものです。

当院では虫歯、歯周病だけでなく、咬み合わせの治療にも積極的に取り組んでいます。 思い当たる事があればお気軽にご相談下さい。 また、かみ合わせについてのより詳しいお話もセミナーを開催して解説しています。


▲焼津・藤枝の歯医者、丸山歯科医院のページの先頭へ
ホームページ制作 静岡