予防編

フッ素とはどんなものですか?
フッ素は化学的に合成されたものではなく、自然の中にある元素です。私たちが毎日食べる肉、野菜、果物、お茶などの食品にも含まれています。人間の体にも含まれていて歯や骨の発育に必要な元素として認められています。
フッ素の利用は、いつ頃から始めればよい?
フッ素のむし歯予防効果は、萌出したての歯に最も大きく表れます。したがって乳歯のむし歯予防には乳歯が始めて生える生後6カ月頃に、永久歯のむし歯予防には4才頃から始めるのが歯質を強化する作用が期待でき、効果があると思われます。
フッ素は、子供にしか効果がありませんか?
全年齢を通じて効果があります。成人の歯根面にできるむし歯にも予防効果がありますので、一生を通じて利用するのが望ましいと思われます。
フッ素は安全ですか?
フッ素は、指示された量を守って使えばむし歯予防に大変効果があり、安全性も確認されています。
キシリトールって効果があるの?
キシリトールを食べると、2週間で歯垢が減り始め3ヶ月ほど経つと虫歯になりにくくなると言われています。でもその後すぐにやめてしまうと、しばらくして再び虫歯菌が増え始め虫歯になる危険性も高くなってしまいます。虫歯予防のためにはまず毎日続けて摂ることが大切です。

▲焼津・藤枝の歯医者、丸山歯科医院のページの先頭へ
ホームページ制作 静岡