歯周病編

なぜ歯周病になるのですか?
歯周病の原因はプラーク中の歯周病細菌です。ですからプラークコントロール,つまりプラークを確実に取り除くことが最も大切です。その方法としてブラッシングがあります。「私は毎日ちゃんとブラッシングをしているのに・・なぜ?」と思われる方が多いと思います。成人の80%以上が歯周病ということですが,その方々全員がブラッシングをしていないとは考えられません。それではほとんどの方がブラッシングをしているのになぜ歯周病にかかってしまうのでしょうか。その最大の理由は,きちんと磨いているつもりでもきちんと磨けていないのが実状だからです。「磨いている」「磨けている」とは全く別のことになります。「磨いていても磨けていなければ意味がない」ということです。ご自分に合った歯ブラシをお使いですか?歯ブラシの持ち方は正しいですか?正しい位置に歯ブラシが当たっているでしょうか?お口の中が人それぞれは違うように,ブラッシングの方法も違って当然なのです。ですから,歯科医師・歯科衛生士と相談しながらご自分に合ったブラッシングの方法を見つけ出し,それを続けていくことが大切です。そうすれば,自然にちゃんと磨けることにつながっていくわけです。 また,歯ブラシでは磨けないところは歯間ブラシ,デンタルフロス,部分磨き専用の歯ブラシなどの補助器具も併用することをおすすめします。こちらも,歯科医師・歯科衛生士と相談して正しく使用してください。また歯周病の進行は歯石やプラークの存在の他に、噛み合わせ、全身疾患も大きく関わっていますので、ご相談下さい。
歯を磨きすぎると歯茎が下がると聞いたことがありますが、本当ですか?
歯周病などで腫れていた歯肉が、適切なブラッシングのおかげで引き締まった結果、見かけ上、下がった様に見える場合はあります。これは良いことなので心配ありません。しかし、健康な歯茎に乱暴な磨き方をすると、歯肉がさがることもありますので、気をつけて下さい。
舌に苔のようなものがついていますが。
それは舌苔といわれるものですが、口臭の原因にもなります。舌専用の舌ブラシというものがありますので利用して下さい。ただ、やり過ぎは舌を傷つけ味覚障害などの原因になりますので、詳しい使い方は歯科医院でお聞き下さい。
歯石をとる時、痛いですか?
歯科医院では、歯科衛生士がで、きるだけ痛くないようにとってくれます。歯茎の中についた歯石は麻酔をしてとりますので、痛みはありません。
歯肉から血が出るので恐くて磨けないのですがどうしたら良いですか
血がでるのは炎症がある証拠です。ブラッシングをしないと、炎症がさらに進行します。市販のやわらかめの歯ブラシでブラッシングしても痛い場合は、手術後に使うすごく柔らかい“ウルトラソフト歯ブラシ”というものもあります。歯科医院に行って相談して下さい。

▲焼津・藤枝の歯医者、丸山歯科医院のページの先頭へ
ホームページ制作 静岡