虫歯編

どうして虫歯になるのですか?
世の中には、いくら甘い物を食べても、歯ブラシをしなくても虫歯にならない人もいれば、一生懸命歯ブラシを頑張っても虫歯になってしまう人もいます。なぜでしょうか?それは、虫歯は、虫歯菌による感染症だからです。虫歯菌に感染していなければ、歯ブラシをしなくても虫歯にはなりません。しかし虫歯菌に感染してしまうと、除去するのは難しく、結果として、虫歯の発生・再発を繰り返してしまうのです。虫歯の主な原因菌であるミュータンス菌は歯のみに付着してバイオフィルムという細菌膜を形成して歯に粘着するため、歯ブラシだけで完全に除去するのは大変です。また 虫歯菌は、ほとんどが垂直感染(親から子など家の人からの感染)であることが分かっています。特にお母さんのお口に虫歯がある場合は要注意です。今、虫歯がなくても虫歯になる可能性は高いと思います。残念ながら虫歯菌に感染しまった場合もあきらめてはいけません。歯ブラシ、食べ方などを工夫するだけで虫歯は防ぐことができます。予防方法はお口の中の環境により、ひとりひとり違いますので、個別に予防プログラムを作成します。また虫歯菌を除菌する方法もありますので、お気軽にご相談ください。
治療した歯も虫歯になりますか?
歯がある以上虫歯にはなります。治療した歯も、いや治療した歯の方が虫歯になりやいでしょう。詰め物や被せ物とご自分の歯の境目の目に見えない隙間から唾液が入り込みセメント(接着剤)が溶けたり、咬む力で崩壊したりして隙間ができて象牙質が虫歯菌に感染してしまうと虫歯になります。これらは十分な強度と精度をもった良い治療をすることと、定期的な検診で予防することができます。
歯の汚れが落ちたたかどうか、そうして判断したらいいですか?
歯の汚れを赤く染め出す染色液があります。時々利用して下さい。この時、歯の裏側の染め出し具合も必ずチェックして下さい。染め出し液や歯の裏側をみる鏡は歯科医院の他にも、大きな薬屋やスーパーでも扱っているところがあります。また、時間がない時は、舌で歯の表面を触ってみて下さい。よく磨けていない所は感触が違います。

▲焼津・藤枝の歯医者、丸山歯科医院のページの先頭へ
ホームページ制作 静岡